<< 子供の遊び | main | 水雨遊月(6月)のことば >>
2018.05.31 Thursday

いのちのながれ

0


    DSC00299

    雨の日

    いつ見ても

    草木にくっつく雨粒の形状が

    不思議でならない

    ツユクサや

    赤くなり始めたサクランボに

    この雨粒がピタッとくっついては

    ポトンと落ちていく

    時には草木自身が

    それを吸い込んで

    生きる栄養とする…


    人以外で

    命というものの動きを

    ここまで感じれることは

    なかなかないかもしれない

    雨の日は

    いろいろ不便もあるけれど

    世界を

    この世を表すような

    そんな命の流れを

    発見してみるのも

    おもしろいと

    私は思います




    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM