<< 子供の遊び | main | 水雨遊月(6月)のことば >>
2018.05.31 Thursday

いのちのながれ

0


    DSC00299

    雨の日

    いつ見ても

    草木にくっつく雨粒の形状が

    不思議でならない

    ツユクサや

    赤くなり始めたサクランボに

    この雨粒がピタッとくっついては

    ポトンと落ちていく

    時には草木自身が

    それを吸い込んで

    生きる栄養とする…


    人以外で

    命というものの動きを

    ここまで感じれることは

    なかなかないかもしれない

    雨の日は

    いろいろ不便もあるけれど

    世界を

    この世を表すような

    そんな命の流れを

    発見してみるのも

    おもしろいと

    私は思います




    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM