<< それぞれのいろ | main | プランターと新聞配達の人 >>
2018.07.16 Monday

禅語に学ぶ…53(無事発見…)

0


    DSC01416

    今週はこちら

    『山僧活計茶三畝

    (さんそうが かっけい ちゃさんぽ)』

    です

    お坊さんは小さな畑があれば

    生涯暮らしていける



    いうこと

    この語のあとに

    「漁夫生涯竹一竿

    (ぎょふのしょうがい たけいっかん)」

    と続きます

    漁師は釣り竿一本あれば

    充分という意味

    生計を立てるものがあれば

    他に何も必要ない

    そんな境地をあらわしているんですね

    様々な欲望を

    かきたてようとする世の中

    自分に本当に必要なものはなにか

    不必要なものはなにか

    たぶん

    たくさん余計なものはあって

    小さな畑だけあれば充分の

    和尚さんの境地にはなれないけれど

    足るを知る

    本当に必要で

    大切なものを

    しっかりと

    理解して

    生きていける

    そんな人間でいなさいよ…

    はい、そんな禅語だと

    わたしは思います


    コメント
    「足りる を 知る」 って 難しいです。
    • 酒乱駄愚者愚者
    • 2018.07.17 Tuesday 03:51
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM