<< 聞こえる聲 | main | また祖母を思い出す瞬間 >>
2018.10.20 Saturday

それぞれの命

0


    050A8562

    まだ霜降には少し早いけれど

    朝の草木たちを見れば

    葉に降りる雫の

    寒々しい姿

    それでも

    めげることなく

    自分の生き方を、その命を

    まっすぐに生きる姿勢が

    目の前にあふれていました

    茎が折れようとも

    その命を未来に繋ごうとする

    たんぽぽの姿には

    心打つものがありましたね

    それぞれの命

    その命の使い方、本分を理解し

    生きるものたちは

    たとえ小さくとも

    大きく強く

    たくましいです……





    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM