<< 水雪舞月(12月)のことば | main | 禅語に学ぶ…69 >>
2018.12.02 Sunday

ぱっと吹いた教え

0


    最後に追加した項目-128

    ぱっと吹いた風は

    落葉と共に護国寺にやってきて

    落ち葉だらけの庭を掃除

    閑栖和尚とせっせと集め

    たまった落ち葉で

    焚き火をしました

    せっかくだからサツマイモを…

    あっ…女子が誰もいないから

    初めて新聞紙を濡らし

    銀紙に包む

    新聞紙って何枚?

    どれくらい濡らすのか?

    こればかりは女の人がいないと

    ホントダメだなと思いました

    何度も何度も

    落ち葉を集めては

    火のところに持って行き

    ようやく

    火も葉も落ち着いた頃

    出来上がった焼き芋とコーヒー

    最高でしょう…

    疲れた体に

    黄色く甘い焼き芋は

    最高においしいなと

    閑栖も出かけ

    ポツンと一人

    いや、おいしいけど…

    やっぱり

    一人で食べるより

    みんなで食べたほうがおいしいな…

    妻や子供にも

    食べさせてあげたかったな

    こんなにおいしいのだから…

    いや、がんばったからこそ

    こんなにおいしいのでは…

    いろいろ考えながら

    やっぱり

    喜びってのは一人より

    共に感じあえるほうが

    もっとずっといいよななんて

    ぱっと吹いた風に

    いろいろ

    教えられたような気がしました…




    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM