<< したことを数えることはない | main | きらきらして流れる… >>
2019.10.19 Saturday

いろなきかぜ

0


    DSC06420


    この頃に吹く

    いろなきかぜ

    秋の野山に吹く

    その姿は見えないけれど

    はっきりと

    秋の気配を感じさせる風

    平安時代

    三十六歌仙(さんじゅうろっかせん)の

    一人、紀友則(きの とものり)

    という方が詠んだ

    「吹き来れば 身にもしみける 

    秋風を 色なきものと 思ひけるかな」

    この歌からこの名前が…きているとか

    見えないものの

    表現がすっと染み込んでくる

    おしゃれだなと感激しました

    ふっときて

    心に入れる

    さまざまな景色や感情などを

    こうやって上手に

    見えるように

    表現できるのは

    やっぱりいっぱい勉強しないと

    できないんだろうな

    誰にでも平等にあるこの四季だけど

    学んだだけ

    沢山の色を見ることができる

    そう

    いろなきかぜ…





    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM