<< 蝶から学ぶ | main | あなたを思う心 >>
2020.05.07 Thursday

また共に…

0


    050A1524

    無心に咲いてはとらわれない

    けれど

    その花びらが散り舞う時

    花の香りをまとう風も

    優しく降り注いだ穏やかな光も

    その一つの花に関係を持った

    多くのものが

    感情は見えないけれど

    きっと寂しさを

    どこかに感じるのだろうと

    私は思う

    共に生きるということは

    そうゆうことでしょう

    でも人間と何が違うか

    帰る場所がある

    また会える場所がある

    それを明確に

    知っているからこそ

    潔さというものがあるのかもしれない

    人は足りなさに

    どこか遠くで

    その心を

    知っているからこそ

    自然を眺め

    その生き方に

    自分の心を

    通わせようとするのかも

    しれません…


    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM